金利で選ぶなら質屋とキャッシングどっち?

お金を借りようと思ったら、借りるとき以上に考えなければいけないのが返済にかかる「金利」のこと。

金利は高ければ高いほど、返済額が大きくなります。

質屋であれば質流れにしてしまうことで返済を逃れることはできますが、大切な品物を預けている場合はそういうわけにもいきませんよね。

なので、お金を借りる前には必ず金利のチェックをしておきましょう。

質屋を利用してもキャッシングを利用しても金利はかかります。

しかし、両者の金利は性質が異なります。

質屋の場合は、他の金融業のように「貸金業法」で定められているのではなく、「質屋営業法」という特別な法律で定められています。

つまり、上限金利がまったく違うのです。

参考サイト⇒質屋営業法とは – Weblio辞書

キャッシングの場合は年利20%、質屋の場合は年利109.5%です。

かなりの差があると思いませんか?単純に金利の高い低いだけで考えると、キャッシングを利用した方が良いでしょう。

ただ、基本的に質屋でお金を借りることができる期間は3か月。

そのため、金利のせいだけで莫大なお金を持って行かれるということはそんなにありません。

金利の低いキャッシングでも、長期間借りると金利として支払うお金は増えてしまいます。

実際には、借りたいお金の額や期間によって、しっかりと返済額を調べた上で決めるのが賢明です。

また、質屋を利用したいなら、できるだけ金利の低いところを探すのもおススメです。