リスクで選ぶなら質屋とキャッシングどっち?

まとまったお金が必要になるときは誰にも訪れるものですが、お金を借りようと思うと心配になるのは「リスク」ですよね。

もちろん、どの方法をとっても、借金をするわけですからノーリスクということはありません。

しかし、できるだけ低リスクの方法を選びたいもの…。

その場合、質屋とキャッシングではどちらの方が良いのでしょうか?リスクで考えると、質屋の方がおススメです。

質屋は万一返済ができなくなったとしても督促が来ることはありません。

期日を知らせる連絡のみです。

というのも、品物という担保を預けているから。

質屋では、期日までに返済がない場合は、預けた品物の所有権を質屋に渡すというルールがあります。

つまり、あなたは品物が自分の物でなくなるだけで、その後は返済義務が一切なくなるのです。

信用情報に載ることもありません。

もちろん、手数料さえ支払えば期日を延ばすことができますが、そもそも返済が難しいとわかっているのであれば、質流れにしてしまう方が良いかもしれません。

一方、キャッシングの場合は、返済することができなければ必ず督促が来ます。

それでもなお滞ったままで放置していると、最悪の場合、財産や給与を差し押さえられることに…。

もちろん信用情報にも載るので、今後金融関係の利用は非常に難しくなってしまいます。

最初から「返済しない」というつもりでお金を借りるのはいけませんが、状況によっては返済できなくなることだってあります。

リスクを考えると、質屋の利用が望ましいでしょう。